結婚内祝いの相場とふさわしい贈り物

頂いたお祝いの約半分の価格が平均的な相場

結婚内祝いを贈る場合、頂いたお祝いの約半分の金額が相場の平均値とされています。地域や贈る相手によって多少の違いはありますが、頂いたお祝いより高額な物を返してはいけない点は共通しています。また、目上の人に贈る内祝いはできるだけ安価な物にするのがマナーとされていますが、これは目上の人よりも金銭的に余裕があると思わせてはいけないためです。一方で目下の人への内祝いはお祝いの同額に近い金額が適しています。内祝いに関するマナーは江戸時代の武家のしきたりが根底にありますが、当時の結婚は家同士の結びつきを強める契約の一種でした。そのため、お互いの経済力の違いを贈り物で示し、力関係を明確にしていたのです。

相手によって内祝いの相場が異なるのは当時の慣例の名残りと言えます。

内祝いには消え物が適している

贈り物に関するマナーは様々ですが、結婚内祝いについては「消え物」が適しています。消え物は食品や洗剤、使い捨てのタオルなどの消耗品であり、実用性が高く誰にでも好まれる特徴があります。また、商品券も汎用性が高く嵩張らないので定番の贈り物です。食品の場合、相手の好みを考慮することがマナーなので予め確認しておくことが大切です。小分けにされている物なら親族や友人に分け与えることができるので喜ばれます。消え物の場合、ある程度は金額が高くても失礼にはなりませんが、消耗品でも極端に高額な物は適していません。選ぶのに迷う場合はカタログギフトを贈る方法もありますが、一方で内祝いのイメージとは合致しにくいのも事実です。

挨拶状を添えるなど、内祝いであることを示す工夫が必要になります。

© 2022 Share The Joy