結婚内祝いを贈るタイミング

結婚内祝いが必要でないこともある

結婚のお祝いをもらった際、内祝いとして新郎新婦は返礼品を贈ることになります。もっとも贈り主を披露宴に招待した場合には、式場で食事や引き出物を振舞うため、改めてお返しをする必要はありません。それでも多額の祝儀を頂いたとか、祝儀の他に祝いの品を受けとった時には、披露宴での引き出物と別に返礼品をした方が良いでしょう。

内祝いの相場は、貰った金額の半額から3分の1程度と言われています。一方、親族以外の人に対する結婚の祝儀額は3万円程度とされているので、内祝い額は1万円から1万5千円が目安となるでしょう。ただ祝儀とは別に、数千円程度のあまり高額でないプレゼントをもらった場合、それに対して返礼品を贈ると、却って相手に気を使わせてしまうかもしれません。

贈るタイミングは挙式後1カ月が目安

結婚内祝いは、挙式の後1カ月くらいまでに贈るのが礼儀です。一方、それに先立つ結婚祝儀は挙式の前後に贈るのが慣例ですが、中には披露宴が済んでからお祝いを贈ってくる人もいるかもしれません。その場合でも新郎新婦は、祝儀を受け取ってから1カ月以内にお返しをすれば良いでしょう。逆に挙式前の早い時期にお祝いを頂いても、内祝いは披露宴の後で差し支えありません。とは言え、あまり返礼が遅れるのも良くないので、少なくともお礼の言葉だけでもすぐに伝えておくべきです。 また挙式の前後は新生活に向けて何かと忙しくなる時期でもあります。結婚を決めたら、挙式の準備と並行して内祝いの手配も進めておきましょう。最近は結婚式を挙げず、入籍だけで済ます夫婦も増えていますが、そうした場合は、お祝いを頂いた時から1カ月以内に内祝いを贈れば大丈夫です。

© 2022 Share The Joy