出産内祝いで使う熨斗の水引は蝶結び

内祝いってなに?内祝いを贈るタイミングはどうすればいいの

内祝いはお目出度いことがあった際にもらったお祝いのお返しというイメージがありますが、本来内祝いは身内に祝い事がありその幸せを周囲に分かつ意味合いがあることからお返しとは違う意味があります。ですがお返しの意味もある現在では、お祝いをもらっていないのに内祝いを贈るとお祝いを催促しているように受け取られてしまうこともあります。 内祝いには種類がありますが、中でも出産祝いは赤ちゃんのお披露目とこれからお世話になりますという挨拶の意味が込められています。地域によっては近所の人や親戚を招いて宴会を開きその際に内祝いを贈るところもありますが、現在はまず赤ちゃんが誕生したら近しい親戚や日頃から付き合いのある親しい人達に知らせ、それから大体1か月以内、お宮参りの頃を目安に内祝いを贈るのが一般的です。

出産祝いを贈るときに参考にしたい贈り物の金額とのし紙

赤ちゃんの誕生を祝う内祝いですが、金額的にはお祝いでもらった金銭の半分くらいを目安にします。親戚や会社の上司だと高額なお祝いをもらうこともありますが、そうした場合は半分にこだわらず3分の1程度で考えても良いです。品物にかけるのし紙に書く名前は贈り主を考えてしまいますが、出産祝いの場合は赤ちゃんの名前で贈ります。これは赤ちゃんのお披露目とこれらこの子をよろしくお願いしますの意味が込められており漢字の名前の場合は読みにくいかどうかに関係なく必ずふりがなをつけます。 またのし紙の表書きは内祝いか出産祝いとし水引は紅白の蝶結びにします。水引の本数は5本が一般的ですが少し気を遣う贈り物のときは7本の場合もあります。蝶結びはほどけても結び治すことができる結びかたで、何度でもあってほしいという願いが込められています。

© 2022 Share The Joy