結婚内祝いで使う熨斗の水引は結び切り

熨斗とは何?書き方に決まりはあるの?

内祝いには熨斗を付けて贈るのが決まりです。熨斗は元来、巻貝の仲間である鮑を薄く引き伸ばして作った干物、熨斗鮑のことでした。鮑は古くから不老長寿の薬として珍重され、今日でもお節料理の具材として使われるなど縁起物として知られています。昔は大事な贈り物をする時、貴重な熨斗鮑を添える風習があった訳です。現在、結婚や出産の内祝いなどに使用される紙の熨斗は、その代用品という訳です。 熨斗紙には、寿や内祝いといった表書きと共に贈り主の名前を記します。結婚内祝いなら新郎新婦の連名ですね。筆記具は毛筆もしくは筆ペンで、濃い墨を使って丁寧に楷書体で書くのがマナーです。鉛筆やボールペンでは失礼ですし、毛筆でも薄い墨は弔事用なので祝い事には使用できません。

熨斗に欠かせない水引き、ここに注意

熨斗紙には水引が印刷されています。慶事用には紅白または金銀の水引きを使用する決まりなので、内祝いもこの色になる訳です。水引きの本数は10本で、結び方にも幾つかの種類がありますが、結婚関連の場合は、結び切りかあわじ結びを選びます。結び切りには人生で二度とない、といった意味合いがあるからです。蝶結びの水引きもよく見かけますが、こちらは解けても何度も結び直せるといった意味があるため、出産の内祝いなど繰り返し訪れて欲しい慶事に使われます。 同じ慶事でも結婚の場合は、回数が二度三度に及ぶのは好ましいこととはされていません。それよりも一度結んだら解けない結び切りの方が、当事者の強い絆を表すのに相応しいとされているのです。尚、弔事用の贈答品には黒白や双銀の水引きを使いますが、こちらも二度と起きて欲しくないという意味で結び切りとなります。当然のことながら、縁起物の熨斗は印刷されていません。

© 2022 Share The Joy